« 文フリ大阪 収穫#2「Collection 1」 | メイン | 文フリ大阪 収穫#4「鵺が来たりて」 »

2014年9月15日 (月)

文フリ大阪 収穫#3「141字の不発弾」

「141字の不発弾」
「さみしがりの詐欺師」サークル:おとといあさって

Dvc00269

140字の小説「ついのべ」の小説集。
スペースに置かれていた電柱やコロコロ可愛い多面体が
気になりつつも、この2種をいただいた次第。

どちらもフルカラー。ページごとに文字の色が変わって
とてもカラフル。「さみしがりの詐欺師」の方は、より
いっそうこだわりが深まった感じ。

140字だからこそ端的にまとめられた話が、どれもこれも
頭の中でイメージがぐんぐん膨らむものだから、読んでて
はちきれそうになる。でも読み進むのをとめられない。
以下、特に好きな話いろいろと。

「141字の不発弾」
・宇宙ねこの爆発した理由。
・空中ブランコと天使。
・宇宙人と仲良くなって宇宙船を略奪
・屈強な男たちとしりとり
・泣き言で花
・フンコロガシと海
・花火で夏にさよなら
・マカロニの穴から神様
・アースクウェイキー
・プラネタリウムの投影機

「さみしがりの詐欺師」
・濁点のおいとま
・遭難した宇宙飛行士
・雀が鈴に
・赤子を抱いた女のルンバ
・鍵と鍵穴とやすり
・夏蜜柑を戦車に
・電柱の夢はダンサー
・魔神復活合奏曲
・目がくらむほど幸せ
・深刻化する色不足
・猫撫で声の達人
・米粒ぴったり三千粒
・「嘘みたい!」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/400322/32808705

文フリ大阪 収穫#3「141字の不発弾」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。