« 文フリ大阪 収穫#4「鵺が来たりて」 | メイン | 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 »

2014年9月15日 (月)

文フリ大阪 収穫 #5「俺の鬼頭に萌えゆけ」

「俺の鬼頭に萌えてゆけ」 サークル:汀こるもの

Dvc00265

「俺の屍を超えてゆけ2」のプレイ日記と、「ただし
少女はレベル99」のボツ原稿でつくられた1冊です、と
でかでかと注意書きがなされてましたが、まったく
無問題です、むしろばっちこい!
そして写真は輝く箔押しが撮りたいがためにナナメです!
ものっそい素敵な装丁なんですよこれ、とても豪勢!

タイトルの鬼頭(おにがしら)は「俺屍2」に出てくる
バーサーカーで、一度鬼面をかぶったら死ぬまで取れないし
家系図(世代超えて敵を倒すゲームなんで)でも黒塗りに
されちゃうというシロモノ。とはいえプレイ日記では
*****になってたw しつけるマキちゃんが凄いのか
なんなのか。

「ただし少女はレベル99」外伝では、「三の姫の閨2」で
うはぁ助六全然懲りてないとかおののいてたんですが、
それにつづく「史郎坊の書庫」での落としっぷりに吹いた。
なんというか助六…哀れ。

そして一番ツボったのは、最後の「白い翼、黒い翼」に
あった史郎坊の白い羽の中ほどを黒い帯が横切ってると
いう描写と********の中を飛べるという設定!
むちゃくちゃ格好良すぎるだろう史郎坊。

きっと来月「レベル98少女の傾向と対策」が出るまで、
ニヤニヤしながら再々読むことになりそう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/400322/32808921

文フリ大阪 収穫 #5「俺の鬼頭に萌えゆけ」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。