日記・その他 Feed

2014年9月18日 (木)

文フリ大阪 収穫#6「救援箱」

「救援箱」 サークル名:救援信号
Dvc00270

カラフルな13のアイコンがならぶ表紙が目を
引いて、見本誌置場で思わず手に取った次第。
タイトルに「救援」とありながら、見返しに
「貴方を救援する箱ではありません。」と
但し書きがあるとこにニヤリ。
見本誌置いたその足でたったかスペースへ
行きましたとも。ええ、買いましたとも。

中身は筆者が学生時代、文芸部で書いた作品を
まとめられたもので、「街の底」からはじまり
超短編(2p)とかもありながら「街の蓋」まで
全13作。
毛色の違う作品ばかり+文庫サイズなので、
通勤のお供にたいそう重宝しました。

「私と猫と影」や「地上の魚」みたいに人と
人外とのやりとりする作品が結構ツボでしたね。
「地上の魚」、よもやバハムートが***とは。

あと「完璧なロボット」は超短編だけれども、
人によってオチの解釈がどう異なるのか、誰かに
読ませてみたい作品。

「死なない長谷川さん」。文芸部に「死なない」
長谷川さんがいるというお話。のっけから漂う
不穏感に反して、穏やかな部活動の描写が
なんとも「どうなるの」感がひしひし伝わって
ページをめくるのがとても楽しかったです。

サークル「救援信号」の第一作目&第一冊目
という短編集「救援箱」。
「二冊目が出るかは、僕の気力次第」とあとがきに
ありましたが、ぜひ巻を重ねてって欲しいところ。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

CMでさんざ謳ってた「宇宙一凶暴なアライグマ」が
気になって見に行ったですが、純粋に楽しめました。
いやもうごっつおもしろいんで、オススメです。

あらすじやらなんやかやは 公式サイト でご確認を。
以下、時系列で感想あれこれ。

#オープニング~26年後
母との離別から突然のエイリアン・アブダクション!!
そして26年後の主人公はのっけからノリノリであるw
ってか遺跡の扉って鼻歌交じりに開けられるもんなんか?

#オーブ争奪戦
賞金首だからと言って、街中でドンパチやらかす精神が
そもそもおかしいんじゃなかろうかと思う。
さすが宇宙最凶のアライグマ。
というかガモーラ姉さん容赦ない。グルートじゃなくても
普通に腕切り落としてたでしょ、きっと。

#仲良く刑務所脱走
ピーターを「俺たちの獲物だ」発言は、テンプレだけど
周囲への牽制という点では効果的。
というか、そもそもグルートとロケットってどうやって
意思疎通してんの? 「アイアムグルート」ばっかやのに。
そして脱走計画という名の「志村うしろうしろ」。
画面の奥で一人もくもくと動いてるグルートが楽しいなぁ。
でもって「武器がないのにどうするんだ!」から続く、
重火器持って雄叫びながら戦うグルートとロケットの
独壇場! ものっそい胸熱!!

#惑星ノーウェア
グルートの手から花が! かわいい。すごくかわいい!
ピーターのロマンスフラグをへしおるガモーラ姉さんw
仲間割れ寸前の喧嘩で、酒の酔いも手伝ってのロケットの
吐露が切ない。
「アライグマになりたくてなったわけじゃない」ってのが、
なんとも刺さるなぁ。
つか、ラスボス呼ぶかフツー! なんて脳筋!
そしてみんな負けてボロボロ。進退ここに極まれり。

#決戦間近
トレジャーハンターに必要なのは、度胸とハッタリか。
つか12%しかない計画に命かけるってのが無謀だなぁ。
そしてみんなの戦闘モード描写。グルートが「むん」と
気合入れたあと顔横のいらない芽をつまむの、なんかイイw

#いざ決戦
ラスボスの超大宇宙船相手に発動する適材適所作戦。
ダメ元で軍に助けを求めて応えられるって、なんだかんだで
ピーター人望あったのね。
お人よしだと言われて信用される流れがいいなあ。
ロケットの援護をえて、船内へ。勇猛果敢に突撃特攻。
ちなみに敵を倒す手段はグルートが一番えげつなかった。
てか、接敵して口上を言ってる敵をぶっとばすかフツーw

#守護者
墜落する船、傷ついた仲間、ひっそり決意を固めてわさわさ
枝葉を伸ばすグルートが、なんでこんなに格好いいかな。
「死んじまう」ととどめるロケットの顔をなでるのがまた。
これまでワンフレーズしか喋らなかった分「私たちは」に
ぐっとくる。よもや樹木にときめく日がこようとは!

#ラヴェンジャーズ
のっけからピーターに騙されて、いいとこなしの青肌頭領。
正直、小物感がただよってて侮ってたんですが、いやもう
ものっそい強いですやん! 一騎当千ですやん!
こんな人を前に、よくハッタリかませたなぁ、ピーター。

#モフり
バラバラになったグルートを抱えて泣くロケット。
ドラックスに頭を撫でられてビクッとして、そのあと尻尾が
へたんと落ち着く描写、すっごい芸が細かい。
そして、このあとずっとロケットの可愛さが爆発してる。

#スカす技術
やっぱり生きてたラスボスに、集まったみんながおののく中、
突然踊り始めるピーター。そらポカーンってなるわ。
気をそらすって狙いがあるとはいえ…阿呆に見えるw

#エンディング
グルートの小枝をしっかり植木鉢に植えてるロケット。
そしてその植木鉢をしっかり両手で抱えてるロケット。
小枝に顔ができて、伸びするグルートを見るロケット。
…どこまでこっちを悶えさせると気が済むんでしょうかね
このかわいいアライグマはっ!

なんだかんだで結束もふかまり仲間5人で再び宇宙へ。
to be continued… みたいな感じでエンディング。

てっきりスタッフロールに突入するかと思いきや、画面に
現れたのはちょっと大きくなった苗木のグルート!!
最初はふんふんと音楽にあわせて揺れてたのに、とつぜん
ノリノリで踊りまくる。なんてあざとかわいい!!
奥でナイフを研ぐドラックスが振り返ったら「達磨さんが
転んだ」よろしくピタッと止まるとかw
この鉢植えグルート商品化しないだろうか。昔あった
ダンシングフラワーみたいな、ダンシンググルート。
あったら絶対に買うんだけどな。

--------------------

感想の後半がロケットとグルートばっかになってますが、
主人公のピーターも、格好いいガモーラ姉さんも、刺青
大男ドラックスもみんないろいろ活躍してます。
ただ、それらを差し置いてもロケットとグルートのコンビが
随所で「たまらん」のはたしかなんですね、これが。

超凸凹コンビに思わず目がいってしまう「ガーディアンズ・
オブ・ギャラクシー」。気になる方はぜひとも映画館に!!

2014年9月15日 (月)

文フリ大阪 収穫 #5「俺の鬼頭に萌えゆけ」

「俺の鬼頭に萌えてゆけ」 サークル:汀こるもの

Dvc00265

「俺の屍を超えてゆけ2」のプレイ日記と、「ただし
少女はレベル99」のボツ原稿でつくられた1冊です、と
でかでかと注意書きがなされてましたが、まったく
無問題です、むしろばっちこい!
そして写真は輝く箔押しが撮りたいがためにナナメです!
ものっそい素敵な装丁なんですよこれ、とても豪勢!

タイトルの鬼頭(おにがしら)は「俺屍2」に出てくる
バーサーカーで、一度鬼面をかぶったら死ぬまで取れないし
家系図(世代超えて敵を倒すゲームなんで)でも黒塗りに
されちゃうというシロモノ。とはいえプレイ日記では
*****になってたw しつけるマキちゃんが凄いのか
なんなのか。

「ただし少女はレベル99」外伝では、「三の姫の閨2」で
うはぁ助六全然懲りてないとかおののいてたんですが、
それにつづく「史郎坊の書庫」での落としっぷりに吹いた。
なんというか助六…哀れ。

そして一番ツボったのは、最後の「白い翼、黒い翼」に
あった史郎坊の白い羽の中ほどを黒い帯が横切ってると
いう描写と********の中を飛べるという設定!
むちゃくちゃ格好良すぎるだろう史郎坊。

きっと来月「レベル98少女の傾向と対策」が出るまで、
ニヤニヤしながら再々読むことになりそう。

文フリ大阪 収穫#4「鵺が来たりて」

「鵺が来たりて」 サークル名:階亭

Dvc00267


軍服! 日本刀! 化け物!
と表紙だけでテンションが上がりそうな小説。

十六年前から常夜がつづく街を舞台に、常夜を
つくりだした「鵺」を狩るべく獲物を手に
繰り出す夜攘(よばら)い衆の戦いを描いた話。

表紙になってる拾(ひろい)さんをはじめ、
四十路ひげの隊長や眼鏡の副長など、鵺を倒して
街を取り戻そうなんてお題目はちゃんちゃら
おかしいとばかりに、鵺と戦いたくて戦いたくて
どうしようもない面々の歪みっぷりがいっそ
すがすがしくてクセになる。

彼岸花を蹴散らして、金木犀の香りのなかで
鵺と戦う白い軍服青年ってのも絵になります。

そして、日記調の付録ペーパーがこれまた素敵。
これ読んで副長が大層可愛いお方ということが
判明しました。似顔絵描かれて額縁買おうとか
可愛すぎるぞ副長っ!

文フリ大阪 収穫#3「141字の不発弾」

「141字の不発弾」
「さみしがりの詐欺師」サークル:おとといあさって

Dvc00269

140字の小説「ついのべ」の小説集。
スペースに置かれていた電柱やコロコロ可愛い多面体が
気になりつつも、この2種をいただいた次第。

どちらもフルカラー。ページごとに文字の色が変わって
とてもカラフル。「さみしがりの詐欺師」の方は、より
いっそうこだわりが深まった感じ。

140字だからこそ端的にまとめられた話が、どれもこれも
頭の中でイメージがぐんぐん膨らむものだから、読んでて
はちきれそうになる。でも読み進むのをとめられない。
以下、特に好きな話いろいろと。

「141字の不発弾」
・宇宙ねこの爆発した理由。
・空中ブランコと天使。
・宇宙人と仲良くなって宇宙船を略奪
・屈強な男たちとしりとり
・泣き言で花
・フンコロガシと海
・花火で夏にさよなら
・マカロニの穴から神様
・アースクウェイキー
・プラネタリウムの投影機

「さみしがりの詐欺師」
・濁点のおいとま
・遭難した宇宙飛行士
・雀が鈴に
・赤子を抱いた女のルンバ
・鍵と鍵穴とやすり
・夏蜜柑を戦車に
・電柱の夢はダンサー
・魔神復活合奏曲
・目がくらむほど幸せ
・深刻化する色不足
・猫撫で声の達人
・米粒ぴったり三千粒
・「嘘みたい!」